のち園ブログ

"のち園"のほのぼの栽培記録

ブロッコリーの花蕾が見えてきました

今年から多量生産にトライしたブロッコリー

 

年内採りで今回試みた品種は“おはよう”

8月上旬育苗

8月下旬定植

11月から収穫開始予定。

 

続いて“ウインタードーム”

こちらは年明け収穫予定

8月下旬育苗

9月下旬定植

来年1月から収穫予定。

 

合わせて2反栽培ですが、品種を変えて時期をずらすことで無理なく収穫できると思っています。

 

農業や家庭菜園すらまだしていない時は、キャベツやブロッコリーや白菜など、同じ日に植えたら同じ日に収穫しなきゃいけないんでは!?と思っていました(まじめに)。なので、毎日ずらして植えなければいけないとばかり思っていましたがそんな心配は入りません。

人間や動物と同じ。成長には個性があるんですね。背の高い人もいれば低い人もいる。植物も同じで計算されたかのように毎日適量ずつ良い大きさに成長した野菜が採れるものです。

 

早速、“おはよう”畑では1株でき始めました。

f:id:laurenceanyways2012:20181024221910j:image
f:id:laurenceanyways2012:20181024221913j:image

手前の1つ一番手です。

 

とても綺麗なドームになりそうですが、実は整理障害になっています!?

食べる分には支障ありませんが。。。

花蕾に小さな葉っぱが紛れ込んでいるんですね。小葉片(しょうようへん)と言うみたいです。リーフィという整理障害で、調べたら花がつき始めたのに高温に晒されて茎や葉っぱに栄養がいったり、単に肥料が多かったりしたのかもしれません。

考えられるのが追肥した後に10月に入ってからも暑い日中がありました。成長の早かった1株はこうなってしまったのかもしれませんね。

(他もならなければよいですが...焦)

 

家庭菜園で毎年ブロッコリーは育てましたが、始めてこの目でリーフィを見ました。

 

朝晩が冷え込み害虫も減ってきたのが嬉しいですね。冬は結構無農薬で野菜が作れるので良いですね!