のち園ブログ

"のち園"のほのぼの栽培記録

家庭菜園(畑の広さ)

来年、結婚相手の実家の高知県に移住して所有している畑で

家庭菜園程度から野菜作りを勉強していこうと考えているのですが、

知れば知るほど様々な問題に直面しています。

まず家庭菜園をする目的を考え直すと

 

「自分で作った野菜を食べたい!!」

 

もちろんこれに尽きるのですが

もしかして、沢山収穫できたら日曜市や良心市とかに出店できる?

その場合、どれくらい収益になるんだろう??(電卓を叩き...)とまぁ

不純な気持ちも芽生えたり(苦笑)

初心者がちゃんと野菜を作り上げれるのか?も分からないのに

収穫の妄想ばかり膨らみます。

おそらく、来年あたり痛い目みてるでしょう(笑)

 

ありがたいことに今のご時世、ネットや動画、書籍などで検索すれば

それなりに分からないことは解決しますが

普段聞き馴染みない農業用語はなかなか覚えられません。

1a(アール)すら、最初は"イチエー"って読んでたかもしれません(苦笑)

調べれば調べるほど"反"とか"町"とかどれくらいの広さなんだ...と

今でも首をかしげます。

平方メートルで理解しても実際に目で観て広さを実感しないと

イメージできないものです。

 

そこで、まずは使用する畑の広さを知ろう!と

結婚相手のご両親に問い合わせてもらうも..."広さが分からない"とのことなので

 

「(...え?)」心の声

 

(私自身はまだ畑のある高知へ移住はしていないため確かめることもできません)

住所をGoogleマップで検索して広さを測りました。

 

すると、およそ縦15m横20mくらいの綺麗な長方形の面積でした。

15×20=300

お...300㎡なのか。ということは1aが100㎡なので

300㎡=3aか!と広さを知った次第です。

 

11月中旬に高知へ行き、実際の畑を確認してきました。

柿や金柑などの樹木など植わっている区分を考えると実際の畝スペースは

もっと小さくなるんだろうな...と認識しています。

 

3aの広さでどれだけの野菜が作れるのか?作付計画をきちんとたてます。

のち園にも写真をアップしていきます!

 
⬇️応援クリックお願いします⬇️

にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸初心者へ