のち園ブログ

"のち園"のほのぼの栽培記録

和音③【作曲のための音楽理論】

高知県で家庭菜園を楽しむブログですが
今回も音楽について書きます。
早く高知県へ移住したい...
 
前回はメジャー系4和音でした。

4和音(続き)

今回はマイナー系4和音5つです。(うち1つはdiminish系)

マイナー系4和音

C Minor 7th(Cm7/C-7)

f:id:laurenceanyways2012:20160204140853p:plain

マイナーコードに短7度を足したコードです。
△7*1より使用する機会は高いと思います。
メジャー調マイナー調の曲に関わらず、構成を確実に覚えましょう。
C Minor 6th(Cm6/C-6)

f:id:laurenceanyways2012:20160204140903p:plain

マイナーコードに短6度を足したコードです。
マイナーコードを使用時にメロディで6度の音を強調的に使用している時によく使用できます。次の記事に書きますが転回させるとm7(♭5)と同じ構成になります。
わかりますか?
C Minor Major 7th(CmM7/Cm(M7)/C-(maj7))

f:id:laurenceanyways2012:20160204142349p:plain

長い時間このコードを持続させることはあまりありません。
長くても2拍。よく使用する例が以下のようなコード進行です。
Cm - CmM7 - Cm7 -Cm6
主旋律が"ドシシ♭ラ..."と半音で怪しげ切なげに半音進行する時によく使用される...というよりかは必然的に用いることになるコードです。
C minor 7th(♭5)(Cm7-5/Cm7(♭5)/Cø7)

f:id:laurenceanyways2012:20160204152508p:plain

ディミニッシュのようなマイナー7thのような物悲しい雰囲気が響くコードです。
しかし、考え方としては"マイナー7thから5度をフラットさせた"コードという解釈が正しいかもしれません。
ファイのような記号を書いて"ハーフディミニッシュ(harf diminish)"とも言います。
サウンドは、ビートルズの"Yesterday"がとくに分かりやすいと思います。

イントロ後「Yesterday all my troubles...」オールマイ〜の部分のコードがEm7(♭5)です。この独特な感じがマイナー7th(♭5)です。

ディミニッシュ7th

C diminish 7th(Cdim7/Co7)

f:id:laurenceanyways2012:20160204155009p:plain

ディミニッシュ3和音に、さらに短3度を付加した響きです。
コード進行で、あるコードとコードを繋ぐ時に使用されたり、効果音的なサウンドを狙ってアレンジで使用されたりもします。有名な曲が"火曜サスペンス劇場オープニングテーマ"です。
0:27〜のストリングスのかけ下がりはGdim7の音です。

0:27〜:ソミレ♭シ♭, ミ,レ♭,シ♭, ソ,レ♭,シ♭...(Gdim7)
 
構成を見て気付いた方や、知っている方もいると思いますが、1オクターブ内には12ケの音があります。短3度は半音3つ分です。
ということは、ディミニッシュコードは半音3つ分の音を均等に響くコードなので"Cdim7はE♭dim7でもある...そしてさらに..."というふうに考えられるわけです。以下のようになります。

f:id:laurenceanyways2012:20160204162253p:plain

【同じ構成音になるdim7thコード】
Cdim7 = E♭dim7 = G♭dim7 = Adim7
ということは...
Ddim7 = ?dim7 = ?dim7 = ?dim7
C#dim7 = ?dim7 = ?dim7 = ?dim7

まとめ

  • m7(マイナー3和音+短7度
  • m6(マイナー3和音+長6度
  • mM7(マイナー3和音+長7度
  • m7(♭5)(マイナー3和音+7度、からの5度を♭
  • dim7(dim3和音+さらに短3度を付加
以上、今回はマイナー系セブンスの4つと、ディミニッシュセブンスでした。
次回、もう一度和音の復習記事を書きます。 
 
 
 
⬇️応援クリックお願いします⬇️

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ

*1:Major 7th