読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のち園ブログ

"のち園"のほのぼの栽培記録

のち園2016年9月【ミニハクサイ】

台風が立て続けにやってきて(おまけに西の方からロケットも...orz...)
悪天候に悩まされますね。。。
高知県は、いつも台風の被害が酷かったみたいですが
ここそんなに2〜3年は大したことはないようです。
 
おかげさまで作物も順調に育っておりますが
打ち付ける雨は、は種した種を掘り起こし流していってしまいます。
 
そういった雨風の被害をなるべく受けず収穫したい気持ちから
生育期間が短いミニ白菜をトライしてみました。
 
思い返せば、今年4月にサニーレタスの育苗は
何度やってもカイワレ大根みたいにひょろひょろで失敗
原因:育苗ポットのサイズが悪かったり、日陰に放置しすぎた
 
今トライしているブロッコリーの育苗も水分管理が悪かったり、風通しが悪かったり、日光に当て過ぎたまま放置してしまったりと、苗をダメにしてしまい3度目の正直育苗中でして...
f:id:laurenceanyways2012:20160906193647j:image f:id:laurenceanyways2012:20160906193702j:image
やっと、管理の仕方が理解できてきたところです。
 
私は、アブラナ科は向いていないのかなぁ...と凹む中でもミニハクサイは発芽率100%で割とイキイキ育っています。
f:id:laurenceanyways2012:20160906194249j:image
 
イキイキとはまぁ....育ってる??
 
しかしながら...写真をよくみたら葉っぱの淵が白く枯れたようになっています。
これは、どうやらホウ素過剰の症状のようです。
 
美味しい野菜作りを目指し、インゲン豆を作っていた時に教わった微粒要素の施肥をハクサイでも応用しようと"メリットM"という微粒要素液肥を水で800倍に薄めて葉面散布をしていたのですが、逆に過剰に施肥し過ぎていたようです。
 
よくよく考えたら堆肥に鶏糞にバッドグアノ等の微粒要素の元肥もしっかり入れていたのに過保護になり過ぎていました。余計な事はせず今後の成長を見守ります。
 
対策としては、大量の水でホウ素を流亡させるしかありません。
そんな中、台風の大雨により見事に淵は奇麗な緑色に戻りました(白い部分が溶けたのかな?)
 
一玉が600g〜大きくても2kgと小玉のハクサイなので小さい面積でも沢山作れそうです。 うまく収穫できたら来年も沢山作ろうと思います。
 

 
のち園 -farm antique photo music- ぺり
 
⬇️応援クリックお願いします⬇️

にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸初心者へ