読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のち園ブログ

"のち園"のほのぼの栽培記録

2017年のジャガイモ土づくり

のち園 野菜

去年は、高知県に引っ越ししてきたばかりで3月初旬に急いで畝を作り、ジャガイモの種芋を植え付けました。菜園を始めた頃から農業日誌をつけていたので、"去年はどんな肥料を与えてたかなぁ"と遡り復習が出来て、やはり記録を付けるのは有りですね(^^)

nochi-en.hatenablog.com

今年のじゃがいも元肥

2015年以前まで、今ののち園の畑はほぼ無法地帯で、近所のおばあさん"Oさん"に家庭菜園として貸してられたみたいです。

 

あまり大きな声では言えませんが、Oさんは何年もの間、乱暴な畑の使い方をされていたみたいで未だに農業資材の残骸が土から出て来たりするものです(^^;掘り起こす度にいつも

ムキーーー!Oさんめっ!!\(^^+/"

となるくらい酷くて、しかし捉え方によっては、Oさんのような適当な管理をしてたら畑が汚く荒れ果てていくんだろうな...というクリーンな気持ちで農業に挑めて良かったのかもしれませんが。

そんなこともあって、倉庫の棚にも使いかけの色んな肥料がどっさりありました。

Oさんの置き土産か、それ以前からある肥料かもしれません(^^;

去年は成分比など勉強不足でしたし、下手に手を出さないでおこうとさらに眠らせていましたが、改めて使いかけの肥料を見つめ...

 

これは使えるな...

ジャガイモに使っちゃえ(苦笑)

 

と言う事で、元肥にしちゃいます。

倉庫の棚が綺麗になりました\(^o^)/

基本的には、"トマト専用肥料"とか"花専用肥料"とか、ホームセンターの家庭菜園用に設置してある「量や質の割に値段高くないか!?」といつも思っちゃうコーナーにおいてあるような肥料ばかりでしたが、、、ようはN-P-Kが平均的に配合している化成肥料ですね。

それに、今年はほんの少しだけ"硫酸加里"を混ぜました。

 f:id:laurenceanyways2012:20170127194609j:image

カリウム(K)50%配合という根を太らす野菜にはもってこいの肥料ですが、あまり多く投入するとバランスが大幅に崩れ、カルシウムやマグネシウムの吸収を妨げられpHも酸性に傾くみたいなので、ごく微量です。しかし、粉なので、、、あぁ...結構風に舞うなぁ....という(苦笑)

f:id:laurenceanyways2012:20170127193501j:image

 

土づくり

肥料の与え方として、種芋の間に芋に肥料が付かないように施肥するやり方が多いですが、今年は上の写真のように肥料を投入しました。

 

これは"硬板層"です。

土の温度も冷たく、微生物も住み着かない...まるで土の廃墟的空間ができあがるんですね。。。耕耘機を何度も使用したり肥料や農薬の蓄積により出来上がるカチカチの硬い層です。まだ長年...というほど耕してはいませんが、硬板層が現れるまで掘り返し、そこに肥料をまぶし、鍬でゴリゴリ砕いていきます。

 

f:id:laurenceanyways2012:20170127203614j:imagef:id:laurenceanyways2012:20170127203625j:image

土を戻し、こんもりさせます。

 

畝づくり

去年は、コンパニオンプランツとしてマリーゴールドを一緒に植えましたが、直接的な効果がいまいち分かりませんでした。今年は、雑草対策としてマルチングでのジャガイモづくりをトライしてみます。

f:id:laurenceanyways2012:20170127204352j:image 

後は2月になれば、種芋定植です(^^)v

 

芽よ育て〜

f:id:laurenceanyways2012:20170127204728j:image

 

のち園 -farm antique photo music-ぺり

 
⬇️応援クリックお願いします⬇️

にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸初心者へ