のち園ブログ

"のち園"のほのぼの栽培記録

「透明標本」展に行ってきました

7月下旬から気温がさらに上がり...畑に少し出ただけで汗だく...

おそらく高知県に限らず、各所で猛暑の中頑張っている農家さんが多いように思います。

 

おかげさまで4月から収穫を始めた人参も終わりが見えてきて近所の産直市などで出荷させて頂いております。がしかし...終わりかけと言うこともあり、あまり綺麗な人参がないのが現状で申し訳ない気持ちと品質向上をしなきゃ!!と毎日反省の気持ちです。

 

秋冬の野菜の準備が始まりつつありますが本日は1日休みにして高知県立美術館で開催している「透かしたら世界が変わった!!透明標本展」へ行ってきました。

農業を始めてからラジオを聴く機会が増えたのですが、CMで毎日流れていてずっと気になっていました(苦笑)

www.kochi-sk.co.jp

 

骨格研究のために科学的に処理した結果、身体は透明になり、骨格が染色し美しい標本になった生物が多数展示してありました。

 

本来、解剖の難しい小さな生物への研究のため?なのかは情報不足ですが小さな生物が多かったです。カエルや魚も1cm〜3cm、大きくても10cm程度の生物ばかりです。

 

なんと、イベント館内写真撮影OK!小学生の夏休みの自由研究にも持ってこいのイベントですね!!

f:id:laurenceanyways2012:20170801214052j:imagef:id:laurenceanyways2012:20170801214117j:imagef:id:laurenceanyways2012:20170801214146j:imagef:id:laurenceanyways2012:20170801214231j:imagef:id:laurenceanyways2012:20170801214134j:image

 

とても美しいです。

逆にお肉がついた状態はどんな生物の姿だったかな?と思っちゃうくらいスケスケです。

 

 

 

県立美術館の気になるイベントとして

ジャコ・ヴァン・ドルマル監督(トトザヒーローが有名)&ミシェル・アンヌ・ドゥ・メイ『キス&クライ』の日本初演記念して行われる過去の作品の無料上映会です。(8/5土、8/19土)

これが...この日予定ありで見に行くことが出来ないのが残念ですが新作の『キス&クライ』とても興味深いです。

「指先でダンスが踊れないかしら?」

「台所のテーブルの上で長篇映画を取れないかな?」

「観客に全てを見せよう!」

 

ベルギーの舞台「KISS&CRY―キス&クライ」 高知県立美術館で国内初演|高知新聞

 

リアルタイムの舞台映像と映画のコラボのようなものをイメージしているのですが、どんな作品なのか?とてもワクワクしています。

 

 

のち園 -farm antique photo music-ぺり

 
⬇️応援クリックお願いします⬇️

にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸初心者へ